総入れ歯 総義歯

総入れ歯治療 総義歯治療

まず「総入れ歯 入れ歯」について正しい知識をご理解いただくことが大切です。

来院される患者さまのほとんどが入れ歯は「噛めるもの」「合うもの」と思っていらっしゃいます。

総入れ歯は、これはどこの歯医者さんでぴったり合わせて作ってもらったとしても、必ずすぐに歯茎や骨が変形して合わなくなります。

歯医者さんで総入れ歯を新しく作ってもらって口に入れた瞬間はぴたりと合っていたけれど、自宅に帰り食事をする時に、ものを噛んだ瞬間に合わなくなってしまいます。

なぜこういうことが起こるかというと、総入れ歯は「歯茎」という肉の上に乗っけているだけですので噛んで力を加えてしまうと途端に肉や骨が変形して総入れ歯が動いてしまうのです。総入れ歯が動くときに歯茎の表面を擦り傷のように一層の皮を剥いてしまうのです。痛いですよね。一旦、粘膜が傷つくと少し触れるだけでも痛みが生じます。さらに傷を深めていきます。

総入れ歯は作製に通常1カ月近くかかります。患者さんのお口の型通りに型を取ったとしても、出来上がる1カ月のうちで歯茎の状態も全く変っていますので、当然「合わない」ということが起ります。

通常の総入れ歯作製の場合(吉本歯科医院でも保険治療を選択された場合には制約がありますので同様の作製方法になります)

  1. 総入れ歯をのせる歯肉の型を取ります。(15分程度)
  2. 1週間後に総入れ歯の高さ(バイト)を記録します。
  3. 1〜3週間後に再度来院し、仮の入れ歯を口の中に入れて歯並びをチェックします。
  4. さらに1〜3週間後に再度来院し、技工所から出来上がってきた完成入れ歯をお渡しします。

「完成したばかりの総入れ歯がもう合わない」ということは歯科医院では日常茶飯事です。

その理由の一つは上記で説明した通りです。

そして、何度も「総入れ歯が合わない」「噛めない」と歯科医院に通うわけですが、ほとんどの医院では、その場で再調整をしてその場では「とりあえず合う」状態にし、また新しく総入れ歯を作製しなおすということになります。しかし、その場しのぎですのでまた「合わない」「噛めない」は永遠に繰り返されます。

問題点(1):総入れ歯の作製は歯科技工所での大量生産

治療初回に歯肉の型を取り、型に石膏を流し込み歯茎の模型を作ります。

その歯ぐきの模型の上で、患者さまのかみ合わせを記録するための装置を作ります。

この装置を「咬合床」と言います。咬合床を利用して噛み合わせを記録します。

歯科医院ではこの咬合床を歯科技工所に送ります。

送られた歯科技工所には毎日、何百医院からの同じような咬合床が送られてきます。

1個1個丁寧に作製するとコストがかかりますから、ある程度の数が溜まってから流れ作業で一斉に総入れ歯が製作されます。

咬合床が出来上がる等の各工程でそれぞれ1週間から2週間は、かかってしまうのです。

まず第一の問題として、一番最初に型をとった歯茎は、その1週間から2週間の間に形がすっかり変形してしまっています。

問題点(2):患者さまの顔や口の中を見ていない技工士が指示書とハグキのモケイだけで総義歯を製作

技工所から完成前の仮入れ歯が届いたら、その仮の総入れ歯を実際に患者さまのお口の中に入れて頂きます。

この時に、患者さまに「どこか見た目に気になる部分はありますか?」とおたずねし、

「少し前を引っ込めて欲しい」「歯茎にあたって痛い」など、いろいろとおうかがいします。

その内容を受けて技工所宛てに「指示書」というものにコメントを書きます。

「前歯をほんの少し後ろに引っ込めて完成させてください」などのコメントをつけて技工所に送ります。

1〜2週間後に、やっと本物の入れ歯が完成します。

そしてお口の中に入れてみますが、当然「合わない」「痛い」ということが起こります。その場で痛いところに相当する入れ歯部分を削って、歯肉に当たらないように調整はしますが、歯科医院を一歩出て、次の日になればまた「合わない」ということが起こります。

この状態は総入れ歯を使う限り永遠に続きます。

理想的な総入れ歯の治療法とは

「総入れ歯では噛めない、合わない、痛い」は当たり前、「歯茎よりも硬いものは噛んではいけない」ということまずはきちんとご理解頂くことがとても大切です。

これは保険でお作り頂いても保険外でお作り頂いても多少の差はありますが、総入れ歯作製に対する基本的な考え方が同じであれば「噛めない、合わない、痛い」が解消されることはないと思って頂ければと思います。

歯を失った患者さまに対しての理想的な治療に対して、「総入れ歯」という選択をされることはおすすめ致しません。

入れ歯を使うことの弊害は数多くありますが、その中で、もっとも恐ろしいことは

「特に部分入れ歯を使えば使うほど、顎の骨が吸収され、骨がどんどん無くなっていく」ということです。

早い方では一年もすれば顎の骨が吸収され部分入れ歯が合わなくなってきます。そして針金をかけていた健康な歯が釘抜きのようにゆすられて揺れて、抜けてゆきます。

そこでまた新しい部分入れ歯を作り治すわけですが、これがエンドレスに生涯続き総入れ歯になっていくことになります。

何年か総入れ歯を体験して、どうしてもその違和感が嫌でインプラント治療を希望された患者さまが、インプラント治療をしたいと思った時にはもうすでにインプラントを植え込むご自分の骨がなくなってしまっていた、ということは少なくありません。

どうしても「総入れ歯」でという患者さま、またはインプラントをしたいけれど既に骨の問題や病気の問題でインプラント治療ができる状態ではないという患者さまには、当院の総入れ歯に対する考え方や正しい使い方をご理解いただいた上で、総義歯精密治療(ハイ・クオリティデンチャー)をご案内させていただきます。

まずは、「合わない、噛めない」総入れ歯をお持ちになり、診察におこし下さい。

まずはお口の中を実際に診させて頂き、パノラマレントゲン写真などで患者さまの顎の骨の状態がどの程度まで変形してしまっているのか?を確認させて頂きます。患者さまの快適な生活をサポートすることを目的に治療方針を患者さまとご相談しながら行なってまいります。

吉本歯科医院の総義歯治療 総入れ歯治療(ハイ・クオリティデンチャー)

吉本歯科医院の特徴

吉本歯科医院では、保険の範囲内で作る入れ歯では「噛めない、合わない」は当たり前、ということをまず最初に患者さまにご説明させて頂きます。

吉本歯科医院では、歯を失った患者さまに対して「部分入れ歯」「総入れ歯」という治療は極力おすすめしておりません。

入れ歯を使うことの弊害は数多くありますが、その中でもっとも恐ろしいことは、入れ歯を使えば使うほど歯を失い、顎の骨が吸収され、、骨がどんどん無くなっていくということです。

早い方では一年もすれば顎の骨が吸収されて入れ歯が変形していないにも関わらず、合ってなくて痛いという状態になります。そして針金をかけていた健康な歯がゆすられ、こねられ,順番に抜けていきます。そこでまた新しい入れ歯を作り治すわけですが、これがエンドレスに生涯続くことになります。

何年か総入れ歯を体験して、どうしてもその違和感が嫌でインプラント治療を希望された患者さまが、インプラント治療をしたいと思った時にはもうすでにインプラントを植え込む自分の骨がなくなってしまっていた、ということは少なくありません。

しかし、そんな中でも、「今までの自分の生涯で、総入れ歯になってから、こんなに食べられることはなかった」と好評を頂いている総入れ歯がございます。それが吉本歯科医院で提供している「ハイ・クオリティ・デンチャー」精密高精度総義歯です。

ハイ・クオリティー・デンチャーとは、特別な材料とか、特別な規格化した総入れ歯ではなく、患者さまからの要望に合わせた「材料」「手法」をオーダーメイドで作るものです。

このハイ・クオリティー・デンチャーが提供できる背景には、ある優秀な歯科技工士さんとの出会いがあります。

歯科技工士の存在

どうしても「総入れ歯」でないと、という患者さま、またはインプラントをしたいけれど既にできる状態ではないという患者さまには、当院の入れ歯に対する考え方をご理解いただいた上で、ハイ・クオリティ・デンチャーをご案内させていただきます。

吉本歯科医院のインプラント治療
吉本歯科医院の接着ブリッジ

吉本歯科医院の総入れ歯治療(ハイ・クオリティ・デンチャー)

どうしても「総入れ歯」でないといけない、という患者さまもいらっしゃいます。

インプラントをしたくても血液検査などの条件をクリアできなかったり、全身的な疾患の問題でどうしてもできない、という患者さまに対して、吉本歯科医院で「超精密 総義歯治療」をご提供しております。

吉本歯科医院の総入れ歯(ハイ・クオリティ・デンチャー)は、総入れ歯を2個組もしくは3個組作製します。

ハイ・クオリティ・デンチャーは歯茎にぴったりくっつきます

まず、総入れ歯になるとCMでもよく紹介されていますが、かならず「入れ歯安定剤」を使わないといけない」と思っておられる方が非常に多いのですが、きちんとした総入れ歯には、そういった入れ歯安定剤は本来必要ありません。

総入れ歯が歯肉に引っ付く原理は、丁度水滴のついたお風呂の壁にプラスチックの下敷きが張り付くのと同じ原理です。お風呂の壁に張り付いたこの下敷きは、はがそうと思っても簡単にはがれない程、吸盤のように引っ付いています。

簡単に言えば、このお風呂の壁が歯肉で、下敷きが総入れ歯と思ってください。

しかしお風呂の壁に下敷きがいくら引っ付くと言っても、下敷きが反っていたりしては引っ付きません。すなわち縁から空気が入るようだと、引っ付かないのです。

総入れ歯も同じで、寸法精度が悪い入れ歯は、そもそも引っ付かないということです。

吉本歯科医院の総義歯製作は、非常に手間と工程が必要な方法で、大量生産できないのですが、吸盤のように引っ付く総入れ歯を作製することができます。

これに比べ、保険診療で作られる一般的な総入れ歯の製作方法は、総入れ歯はもちろん精密ではなく形がはじめから歪んでしまって、総入れ歯と歯肉の隙間から空気が入って外れやすい入れ歯ができるため、当然「入れ歯安定剤」が必要になってきます。

ハイ・クオリティ・デンチャーは実はそれほど痛くありません

一度でも入れ歯を体験された方は、「総入れ歯は痛いもの」とほとんどの方が思っていらっしゃいます。

通常の入れ歯は「痛い、合わない、噛めない」は当たり前ですがハイ・クオリティ・デンチャーはそれほど痛くなく、そこそこ噛めます。外れにくく飛び出してきません。

なぜ痛みがあるのか?ということですが、精密でない、合わない総入れ歯を入れている場合は、痛みがないほうがおかしいのです。

ではどうすれば痛くない総入れ歯を作る事ができるか?なのです、精密な骨の形に即した総入れ歯の形と、総入れ歯の微調整の結果得られる、きちんとした「咬み合わせ」により、痛くない総入れ歯が完成します。

来院される患者さまのほとんどが総入れ歯は「噛めるもの、合うもの」と思っていらっしゃいます。

総入れ歯は、これはどこの歯医者さんでぴったり合わせて作ってもらったとしても、必ずすぐに歯茎や骨が変形して、総入れ歯と合わなくなります。

歯医者さんで総入れ歯を新しく作ってもらって口に入れた瞬間はぴたりと合っていたけれど、自宅に帰り食事をする時に、ものを噛んだ瞬間にズレて合わなくなって痛くなってしまいます。

なぜこういうことが起こるかというと、総入れ歯は「歯茎」という肉の上に乗っているだけですので噛んで力を加えてしまうと途端に肉や骨が変形してズレてしまうのです。

総入れ歯は作製に一カ月近くかかります。患者さんのお口の型通りに精密に型を取ったとしても、その1カ月のうちで歯茎の状態は全く変っています、当然「合わない」ということが起ります。

ですので、今まで体に合わない総入れ歯に、むりやり体を合わせて咬んでいたのですから、歯茎の粘膜にリハビリが必要なのです。

このリハビリに用いるのが「治療用装置 総義歯タイプ」です。吉本歯科医院でいう「1個目の総入れ歯」「1個目のリハビリ装置」になります。

そして、治療用総義歯装置で歯茎に力が加わっても傷にならないように歯茎や骨の形を整えるために何回も調整をします。個人差がありますが、ある程度の期間調整を続けることによって歯茎の形が安定した状態にされます。リハビリがとても重要です。この治療が終了した上で「総義歯」の型取りが始まって製作に取り掛かります。

ハイ・クオリティ・デンチャーでは「きちんと咬めて痛くない」、それが普通です。

吉本歯科医院での総義歯治療ハイ・クオリティ・デンチャー

当院では、完全自由診療にて「総義歯治療(ハイ・クオリティ・デンチャー)」の治療を行っております。

「香川県の優秀な歯科技工士さん」の存在

吉本歯科医院の超精密総義歯が多くの患者さまに喜んでいただけている理由の一つに「優秀な歯科技工士さん」の存在があります。

入れ歯を実際に作るのは「歯科技工士」という国家資格を持つ専門家です。

もちろん歯科医師も総入れ歯を作る資格は持っていますが、実際に作っているのは歯科技工士です。

吉本歯科医院では、「歯科医師」「優秀な歯科技工士」、そして「患者さま」、この3者が相互に協力しあえることにより、優秀な結果をいまも出し続けています。

また、保険治療を選択された場合には、使える素材の限界、治療できる時間や回数や期間の限界があることをご理解下さい。

日本の保険制度の限界について

吉本歯科医院の自由診療では保険制度の枠組みに囚われることなく、自由に治療計画をたてて患者様にあった総入れ歯を製作できます。

「痛くない」「違和感がない」「おいしくごはんを食べられる」そんな総入れ歯が吉本歯科医院では普通です。

吉本歯科医院での総義歯 ハイ・クオリティ・デンチャーの特徴

  1. 念入りな型採り
    歯の治療は、型採りが非常に重要です。
    それは、総入れ歯を作るときも同じで、この工程を簡単に済ませてしまうかきちんとしておくかで、長く使う総入れ歯の使用感が全く変わってきます。
  2. 吉本歯科医院では治療用の装置を含めて総入れ歯を2個ないし、3個組み作ります。
    例えば、私たちが車を購入する時、基本装備のついた車にまず試乗して、自分にとって使いやすく快適にする為に、いろいろとオプションをつけていくシステムがあります。
    この考え方を総入れ歯作りにも取り入れています。
    まず、「治療用装置 治療用義歯 リハビリ用装置」という、治療用の総入れ歯をまず作成して、実際にその装置を使っていただきながら、長期間ご使用いただける総入れ歯用の型を採ります。いきなり正式な総入れ歯を作るのではなく、治療用の総義歯型装置で調整を重ねることで、長く快適に使っていただくための型取りが精密にできます。
    通常の総入れ歯治療では、このような概念はありません。
  3. 特殊なプレス機械
    総入れ歯をプレスする作業では、より精密に総入れ歯を作るために、特殊な機械を使い通常以上の圧力をかけて製作します。
    この作業をきめ細やかに行うことにより、食事をするときに力が加わっても変形の少ない歯ぐきを手に入れることができるのです。患者様のお口に合う総入れ歯が完成します。

来院時患者さんがお持ちになった義歯

来院時患者さんがお持ちになった義歯

吉本歯科医院で作製されたハイ・クオリティ・デンチャー総義歯(総入れ歯)

吉本歯科医院でのハイ・クオリティ・デンチャー

吉本歯科医院でのハイ・クオリティ・デンチャー総義歯作製の流れ

  1. 現在の総入れ歯を調整・カウンセリング
    まずは、お口の中の情報収集や記録をとって現在使用されている総入れ歯の不満や不具合を、総入れ歯を調整してできる限り解決します。その後、カウンセリングを行います。
  2. 治療用の総入れ歯型の装置を製作
    初診時に調整した、現在使っていらっしゃる総入れ歯で治療用の総入れ歯装置を製作します。
  3. 治療用の総入れ歯型の装置を調整
    治療用の総入れ歯を、長くお使いいただける正式な総入れ歯とほぼ同じ状態に製作、調整していきます。この段階で、問題点や不具合を見極め、見た目も美しく、噛む機能を最大限引き出し、妥協することなく作りこんで仮合わせしていきます。この段階が総入れ歯作りには非常に重要で、調整にかかる期間には個人差があります。
  4. 正式な総入れ歯を製作
    最終義歯(正式な総入れ歯)を完成させるため、治療用の総入れ歯を約一週間お預かりします。長期使用はできませんが、お預りしている期間用の仮総入れ歯をご希望であれば作製することもできます。仮ではありますが,快適にお食事ができてしまうので過去に来院期間が延びてしまわれる患者さんが何人かいらっしゃいました。今まで痛くて痛くて食べられなかったものが、食べても痛くないので、食べたくなるお気持ちは良くわかります。しかし我慢我慢の時期です。あくまで仮なので、期間があきすぎるとせっかく完成した正式な総入れ歯が入らなくなってしまいます。この期間になるべく歯茎に力を加えないように、歯茎を変形させないように安静にしておくことが重要なのです。歯茎や骨が変形してしまっ場合には、またリハビリからの工程が必要になって更なる治療期間と治療費が必要になってしまいます。ご注意ください。
  5. 正式な総入れ歯の完成
    合わない総入れ歯、痛い、噛めない、でお悩みの患者さま、吉本歯科医院はおそらく今まで通ってこられた歯科医院とは全く異なった考え方や理論のもと総義歯治療を行っております。
    どうすればあなたに合った快適な総義歯が手に入るのか、ご希望の方には順序立ててご説明させて頂きます

    まずはご相談下さい。

最終段階は香川県高松市の歯科技工士の存在

歯の治療で一番最後に行なうことは、歯を削った部分に差し歯や被せものを被せたり、詰め物を詰めたりすることです。

この最終の段階で治療に必要な人工歯や、被せ物を作成する仕事を行なうのが国家資格を持った「歯科技工士」という仕事です。

多くの歯科医院では、この「歯や被せ物を作る」という仕事は、この歯科技工士さんが行ないます。場合によっては安価な中国で作製される歯科医院さんも増えてきていると聞きます。

「さあ、これで完成!」という最終段階のことを委ねているのが歯科技工士さんなのですが、当然、人間ですので歯科技工士さんによって仕事の質が全く違います。早い話、レベルが違うのです。指示書には書けない細やかな三次元的な微調整に関わる意思の疎通が重要なのです。

それだけ重要な役割を担っているのが、実はこの歯科技工士さんの存在です。

この歯科技工士さんの仕事ですが、ほとんどが手作業で行なわれます。

歯科技工所に行くと、何人もの技工士さんが細かい作業を何度も何度も繰り返しながら歯や被せ物を作り出しています。

その光景は、まさに芸術家が繊細な作品を創り出しているようなものです。

出来上がった歯や歯型はどれひとつとして同じものはありません。

「歯の色」「風合い」「質感」「形」「微妙な色合い」など、100%その歯科技工士さんの感覚で出来上がってきます。

当然、同じ『白』と言っても、Aさんが作るもの、Bさんが作るもの、Cさんが作るもの、全く出来上がりが違います。同じ指示書への記載『少し前に唇を持ち上げるように排列を』と指示しても、Aさんが作るもの、Bさんが作るもの、Cさんが作るもの、全く出来上がりが違うのです。まさにこれは口だけではなく顔とのバランスもありますから、普段患者さんと接する機会のない立場でありながら、どれだけ患者さんと直接接してきたか

患者さんにとっては最終段階でご自分の口に入り、その後何年も付き合っていかなくてはならない「歯」です。

患者さんにとって「きちんと噛めて違和感がない」ものでなければなりません。

患者さまと歯科医師、歯科技工士、この3者が揃い顔を合わせお口の中を実際に拝見し、患者さまが求めるオーダーメイドの歯を作り出す、これが本来の姿なのです。

しかし、残念ながら現在の歯科の現場では、その当たり前のことができていないのが現状です。

患者さまも歯科技工士という存在がご自分の歯の治療にどのように関っているのかもわからない、というのが現状です。今まで歯科医院で歯科技工士という職業の先生と対面されたことはありますか?ほとんどの方がお会いしたことがないと思われます。

優秀な歯科技工士に必要な条件

歯科における技工物(歯や被せ物)は、全て患者さまに応じて手作業で作られるものです(自由診療においてのみ)。

ただし、保険治療を選択された場合は、その材質や製作工程が保険の制約で厳しく決められているため大量生産の方法になってしまいます。

ほんのわずかな指示が記入された指示書をもとに、工場のオートメーションのように機械的に作りだされます。

手作業であるゆえに、歯科技工士には「以下のことをクリアできている」という大前提が必要になってきます。

歯科技工士に求められる条件

  1. ただ白い、という概念ではなく、患者さまのお口の中に入れたとき、他の歯と並んで違和感がない、自然であるということを再現できるかどうか。
    「誰が見てもご自身本物の歯に見える」ということがポイントです。
    歯は、色合い、質感、もともとある模様、など患者さまによっていろいろです。その微妙な感じを再現できるということはもう既にアートの世界であると考えます。
    そういった感性を持ち、さらに再現できる技術をその手に持っている、それは重要な要素であると考えます。
  2. 私が診療方針の中にも歌っていることですが、歯科治療の成功の秘密は「咬み合わせ」にあり、ということです。
    歯科技工士はその歯の部分だけを作ればいいわけではありません。患者さまのお口の中に入れる技工物により咬み合わせが変ったり、ずれたりします。
    当然、歯科技工士は、歯と身体の関係まで熟知している必要があります。

このようなことをクリアした歯科技工士さんは実はそうそういるものではありません。

四国の香川県という場所にも関わらず吉本歯科医院は幸運にも、このような素晴らしい歯科技工士さんお二人に奇跡的にも香川県で高松市で出会うことができました。距離的に近いということは非常に重要です。この歯科技工士さんに出会うことができたからこそ、高品質な治療を患者さまに提供していけると確信しました。

吉本歯科医院で、高品質な治療を自由診療にてご提案していけるのは、こういった裏付けがしっかりあるからともいえるのです。

無料メール相談・お問い合わせフォーム

※必須項目を必ずご記入ください。

■お名前 ※必須
■性別 ※必須 女性 男性
■年齢
■ご住所
※資料をご希望される方は、ご記入ください。
■メールアドレス
※必須
■電話番号
※必須
■お問い合せ内容
※必須
歯でお悩みのことについてのご相談
採用に関するお問い合わせ
当院の診療内容に関するお問い合わせ
当院への見学に関するお問い合わせ(歯科医院様向け)
その他お問い合わせ
■吉本歯科医院のWEBサイトを知ったきっかけをお教えください 検索エンジン(ヤフー・グーグル)
ご友人・ご親族からのご紹介
雑誌などを見て
その他

お問合せ

吉本歯科医院
〒761-0113 香川県高松市屋島西町 1968-9
 パワーシティ屋島西側
TEL 087-818-1118 FAX 087-818-1181
診療科目:噛み合わせ専門 歯科治療
インプラント治療・総入れ歯治療・審美歯科
診療時間:9:15〜18:00 (日・祝日はお休み)
https://www.8181118.com/
●メール:info@@8181118.com@マークを一つ削除して送信してください


医療法人社団 吉翔会 吉本歯科医院

歯科医師募集

オールオンフォー

吉本歯科医院の治療の特徴

院長ブログ

マネージャーブログ


院長ブログ

マネージャーブログ


院長ブログ


吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる