歯科の治療で最も重要なのは、
噛み合わせ(かみあわせ)です。

なぜ、「?み合わせ」から考えないとインプラントが成功しないのか?

歯周外科、インプラント治療、噛み合わせ治療、矯正治療をお受けになった金本様が吉本歯科医院を選ばれた理由とは。

また、歯科の治療で最も重要なのは、噛み合わせ(補綴)です。

それは、虫歯治療であれ、顎関節症の治療であれ、歯を美しく見せる審美歯科治療であれ、インプラント治療であれ原理原則は同じです。

専門用語で申しますと、咬合(こうごう)と呼ばれているものです。

吉本歯科医院ではお越しになられる患者さまに対して

「噛み合わせ(かみわせ)ということが、歯の治療においてはとっても大事なんですよ。」と、開業以来お伝えしております。

しかしこの「噛み合わせ(かみあわせ)ということが、最も歯の治療に大事だ」ということに全く気がついていない、そして噛み合わせを全く無視し、歯科治療の際に安易に歯を削ったり・・・・というのが通常の歯科医院では行なわれています。

また、噛み合わせの重要性は認識していても、実際に噛み合わせをきちんとできる方は、意外にも少ないのが現実です。

吉本歯科医院は「噛み合わせ(かみあわせ)のバランス」を専門に

「生涯ご自分の歯でものを噛むことができる」しあわせを手に入れて頂くお手伝いをする、という

歯を失わないための独自の歯科治療を行っております。

吉本歯科医院 院長  吉本彰夫

吉本歯科医院で行う全ての歯科治療の基本は「噛み合わせ(かみあわせ)のバランス」を核としております。

私どものホームページをご覧頂き、吉本歯科医院の院長、吉本彰夫の考え方や診療に対する理念、そして実際に行なっている事をよくお知り下さい。

そして私どもの考え方に共感し、ご理解いただける患者さまにどうぞお越しいただきたいと考えております。

吉本歯科医院の診療哲学

  1. 自分の家族にできる治療かどうか
  2. 私自身が受けたい治療かどうか
  3. 10年後の患者様の歯の健康を見据えて
    治療に当たること

これが私の開業以来からのゆずれない信念です。

吉本歯科医院 院長 吉本彰夫

吉本歯科医院は、四国で唯一の噛み合わせ(かみあわせ)(補綴―ほてつ)を専門とした歯科治療およびインプラント治療を行っている歯科医院です。

日本補綴歯科学会
補綴歯科専門医

矯正治療をした後、噛み合わせ(かみあわせ)が狂ってしまった

顎がかくかくなるようになってしまった

噛みにくくなってしまった

合わない入れ歯でお悩みの方、重度の歯周病でお悩みの方、
歯をできるだけ削りたくない方、歯を抜きたくない方、同じところが何度も虫歯になる方、
薬で治す治療法での虫歯治療をご希望の方、
また、どこに行っても満足のいく歯科治療が得られなかった方へ
最善の歯科治療をご提案しております。

通常のインプラント治療はもちろんのこと、たとえ、すべての歯を失った場合(総入れ歯や重度の歯周病)でも、4本から8本のインプラントを埋め込み、手術を行なったその日に審美性(見た目)を回復させるオール・オン・フォー(All-on-4)という即日荷重・即時負荷を非常に得意としております。

世界3大インプラントメーカーのノーベルバイオケア社スリーアイ社より、その功績をたたえトロフィーを頂きました。スリーアイ社では四国では吉本歯科医院のみです。

トロフィー

香川、高松市はもとより、四国各地からお越しになられる患者さまがほとんどのため、完全予約制で行なっております。

例えば、よくあるご相談です。

「上の前歯が前に飛び出して治して欲しい」といった場合です。

通常であれば、視覚的に見て、出ている前歯だけを引っ込めようとその部分だけを矯正治療なりを行い治療計画を立てます。

しかし、吉本歯科医院でのアプローチは全く違います。

「なぜ、前歯が出てきたのか?」という問題点をまず探ります。

前歯が出てくる方の場合、多くはそのかむ相手となる下の前歯との噛み合わせが悪い、ということが、原因になっている場合が多くあります。

ですので表に出ている前歯を引っ込める治療を行う場合には、必ずそのかみあう相手となる下の前歯との噛み合わせをきちんと治してから主訴の治療(前歯を引っ込める)に入ります。

その根本の原因となる「噛み合わせ」を考えずに治療をはじめてしまった場合、どういうことが起こるかというと

  1. 前歯だけを治しても、毎日咬み合う下の歯との過剰負荷により1?2年でまた前歯が出てくる(またはもっとひどくなる。
  2. 治した前歯の根が割れて抜かなければならなくなる。抜いた後はさらに両隣の歯の神経を抜いてブリッジへと延々続きます。インプラントにした場合には今度は下の歯がちびてしまう。歯がちびて磨り減って下の歯の神経を取らなければならなくなる。と延々続きます。
  3. 悪い噛み合わせ(かみあわせ)で毎日咬み続けることによりさまざまな全身への不調が起こる。

といったことがよく起こります。

実際、よくよくお聞きすると、上の前歯の噛み合わせを調整した後、とても楽になった、目覚めがよくなった、奥歯でよくものを噛めるようになった、目の奥の頭痛が無くなった等と言われる方が多くいらっしゃいます。

いろいろな歯科医院で治療され、吉本歯科医院へ辿り着いた、という患者さまから、「なぜ、吉本歯科医院での治療はちゃんと治っていくのですか?」と質問されることがよくあります。

その答えは「噛み合わせ(かみあわせ)をキチンとする」ということを全ての治療の基本にしているから、なのです。

歯科の治療といえば、悪い部分だけを治す、または美しく見せる、ということがあまりにも最終目的とされているように思います。

しかし、噛み合わせ(かみあわせ)は体全体のバランスを取る要となっていると言っても過言ではありません。

虫歯の治療でたった1本の歯をほんの数ミリ削る行為ひとつにしても噛み合わせ(かみあわせ)は狂っていることがあります。

噛み合わせ(かみあわせ)の悪さひとつで、体のバランスは面白いほど崩れていきます。

また噛み合わせ(かみあわせ)のバランスを正常に戻すだけでまっすぐ歩けなかった人がまっすぐに歩けたりもするのです。

そういった意味で、私たち歯科医師は、お口の中で起こっていることを通して患者さまの体全体を「診る」といった視点が絶対に必要です。

吉本歯科医院では虫歯治療、審美歯科治療、インプラント治療、顎関節症の治療などあらゆる治療にこの考え方が基本としてあります。

こんな経験はありませんでしょうか?

例えば、合わない入れ歯があります。

歯医者さんに行って、先生にちょちょっと入れ歯を削ってもらう。

しかし、一向に入れ歯は合うどころか、良くはならない。

良くならないどころか、だんだん悪く、ガタガタになっていく・・・・。

噛み合わせ(かみあわせ)が悪いことでお悩みになっていらっしゃる患者さまは「かめない」「痛い」「おいしくない」ということを、ご自身の身でもって日々実感しておられます。

ですので私が治療の際に、「重要なのは噛み合わせなんですよ」というお話を頭蓋骨の模型などでご説明させて頂きますと、ほとんどの方が「先生、まさにおっしゃるとおりです」と本当にストレートにご理解くださいます。

噛み合わせが歯科治療には最も重要

それほど、ご自身で身をもって苦労をされてきたからこそ、私が申し上げる「噛み合わせが歯科治療には最も重要」という意味合いをまっすぐに受け止めてくださるのだと私はいつも感じています。

歯の「噛み合わせ」というと、上と下の歯の当たり具合と思っていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

しかし「良い噛み合わせ」とはただ単に、お口を開けて頂き、表面上の歯だけを診させて頂いても実際には判断が付かないものなのです。

歯の噛み合わせというのは、実は顎の状態から考えなくてはなりません。

下顎というのは、頭蓋骨に対して固定されることなくぶら下がっているものです。

体の動きに対して体の重心を整えるための「振り子」のような役目をします。

下アゴは体の中で左右に渡ってぶら下がっている唯一の器官です。

つまりここがおかしいと全身のバランスを崩してしまう、ということが起こります。

「良い噛み合わせ」とは簡単に言いますと、顎の関節のいい状態で上下の歯がキチンと咬み合い、また前後左右に下の顎を動かした時に、顎関節に無理な力がかかることなくスムーズに動ける状態のことを言います。

つまり下顎がちょうど「振り子」のようにスムーズに動けるようになってることが必要です。

「良い噛み合わせ」とは

見た目が綺麗なだけの歯並び、そして見た目優占の「噛み合わせ(かみあわせ)そんなものは私に言わせてみれば

「エンジンの搭載していない車」と同じ、なのです。

車は走ってはじめて「車」なのです。

「走らない」「故障を繰り返す」車は、良い車とは言えないのです。

「良い車」とは、

歯科治療で言えば、

きちんと噛める機能性(噛み合わせのバランスが取れている)

ということです。

どんなに見た目がよくても、噛めない、不調を引き起こす等の歯では、健康とは到底言えません。

縁あって私ども吉本歯科医院に出会った患者さまには私は「走る車」を手に入れて頂きたい、そう考えております。

※吉本歯科医院の「噛み合わせ(かみあわせ)」に関する情報は、吉本歯科医院本サイト事例紹介オールオンフォーインプラントまたは院長ブログカウンセラーブログなどで随時ご紹介しております。どうぞご覧下さい。

残念ながら歯の治療でお困りの方のそのほとんどは、

  1. 歯科に対する正しい知識がないまま治療を選択させられている。
  2. かかっている先生に言われるがままに治療を受けている。

という、そこにまず治療の失敗原因がある、

ということをお知り頂きたいと思うのです。

治療の主役である患者さまにはやはり少しでもご自分のお口、それはご自分のお体のことです。つまりあなた様ご自身のことですので、正しい知識をお知りになり、少しでもメリットのある治療を賢く選択して頂きたいと思います。

そういった意味で、吉本歯科医院での治療をご検討されている患者さまには全て、必要な知識をお話させて頂くようにしております。


医療法人社団 吉翔会 吉本歯科医院

歯科医師募集

オールオンフォー

吉本歯科医院の治療の特徴

院長ブログ

マネージャーブログ


院長ブログ

マネージャーブログ


院長ブログ